断乳、卒乳について

断乳・卒乳について
 
こんにちは助産師田口です。
今回は卒乳・断乳のお話です。
4月からお仕事復帰の方、保育園からの通知は無事に来ましたか?
今は新しく始まる生活の準備に追われている日々だと思います。
私も第一子の仕事復帰後は、眉毛を書き忘れたまま出勤して、ふとトイレで見た自分の顔に愕然としたり、なんか上半身がスカスカするなあと思ったらブラジャーをし忘れていた。こんな事は日常茶飯事でした。今では全ていい思い出です(笑)
 
断乳は文字通り、授乳を止めること。
卒乳はお子様自身が授乳を希望しなくなることをいいますが、医学的な定義はないので言葉はあまり気にしなくて大丈夫です。
ただこれがなかなか大変なことで、しばしばトラブルを引き起こします。
ママはまだ授乳を続けたいのに、お子様がもう欲しがらない。
逆にお子様は頻回に欲しがるのに、様々な理由でママは断乳を決意したりして、お互いの方針が一致しなかったりすることが度々あります。
正解はありません、時期も人それぞれです。もちろんおっぱいも子どもの成長も人それぞれ。
ですから、その人にあった断乳・卒乳のプランとケアが必要なのです。
 
ネットの情報に振り回されて、自己流で断乳し、トラブルになる方が非常に多いいのが現実です。
断乳のマッサージと分泌を上げたりするマッサージは手技が違います。
医師の中には断乳・卒乳のマッサージなんてしなくていいと言う人も多いですし、実際にケアを受けなくてもなんの問題もなかった、という方もいらっしゃいます。
しかし、断乳・卒乳時に、乳腺炎になって当院を受診される方、乳がん検査の時に乳汁が残っているため、出してもらってから再検査という方も実際にいらっしゃいます。
あとは私の経験値でしかないのですが、経産婦さんで出産後早い時期にトラブルになる方は断乳・卒乳のケアをしていない方が多いと思っています。
 
ケアを受ける、受けないは別としてひとつだけお伝えしたいこと。
それはケアを受けた方が、より自分の胸(身体)の変化に注意を向けやすくなる、ということです。だからこそ毎月の乳がんの自己検診の重要性も理解でき、何かあればすぐに医療機関に行くことができるのです。
断乳・卒乳のマッサージは、今までの育児を振り返るいい機会です。たくさんお話をする中で、頑張ってきた自分を認め、子どもの成長を噛みしめる。
こういう時間こそが、これからずーっと続く育児の大事な糧になるはずです。

 
 
 
昨日の講座でも大活躍の当院のおっぱい模型。もともとは赤ちゃんの帽子をもとに、元同僚の助産師さんが作ってくれました!

Mama&Baby Conditioning 鎌倉

助産師✖️理学療法士 医療に携わる2人のスペシャリストによるコラボ!おっぱいケアも、身体のメンテナンスも一気に解決できる!これまでになかったママと赤ちゃん向けのサロンです。1日1組限定、完全プライベートなパーソナルコンディショニングで産後間もない時期からしっかりとサポート。 助産師によるおっぱいケアや育児相談・理学療法士によるお身体ケアや抱っこアドバイスにより快適な育児ライフをスタートできますよ♪

0コメント

  • 1000 / 1000